19

(木)

平林純/HALUKA/嘴音 杏(シオン アン)

平林純


HALUKA


嘴音 杏


LAST WALTZ Restarting, Prologue to NEW LOFT
平林純/HALUKA/嘴音 杏

open 18:00  start 19:00
予約 2,900円 当日 3,400円(税込、ドリンク別)

※ご来場順での入場になります。会場は自由席です。
※当日入口にてドリンク代600円を頂いております。

ご予約はこちらまで
〜プロフィール〜
■平林純
平林純は1 9 9 3 年生まれの東京都世田谷区出身のシンガーソングライター。2 0 0 9 年から路上ライブでの活動を始め、2 0 1 0 年以降はライブハウスでも精力的に活動し、2 0 1 5 年にはT B S 系列『S i n g ! S i n g ! S i n g ! 3 r d s e a s o n 』に出演し自薦3 5 0 0 組の中からT O P 3になるほど実力は折り紙付き。
彼女の音楽性の端的なものは毒が強いということ。恋愛的により男らしい女性なんかもたくさんいる。病んでいるといった意味ではなく、語気の強さであったり歌詞のテーマであったり、平林純の楽曲はそういった意味で非常にリアルであり、飾っていない。その清々しいとも言える毒気と彼女の優しさが滲み出る歌声とのバランスがいい。

■HALUKA
神奈川県横浜市在住の女子大生。5歳からドラムスクールに通い始め小学校三年生の時にRoland のCM に出演。中学生の時に吹奏楽部でパーカッションを担当、中学三年生の時に神奈川県の吹奏楽コンクールで金賞を受賞。高校二年生では、バンドコンテストに出場、準グランプリを受賞。高校三年生の時は東京都軽音部コンテストで決勝大会に出場。17歳からワイルドミュージックスクールに通い始め才能を開花。
大学入学と同時に待望のデビュー。

■嘴音 杏
東京都出身のシンガーソングライター。1993年生まれ。
女性の生々しい恋心を描写することを得意とし、
オリジナル曲はストーリー性の高さに定評がある。
3歳からピアノを習い始め、幼い頃からブラスバンドやミュージカル音楽、クラシックなどに触れ、いわゆる音楽少女だった嘴音は、高校卒業を機に、シンガーになることを決意する。
音楽学校MESAR HAUSのヴォーカル科に進学し、有坂美香氏に師事。在学中はヴォーカル科特待生にも選ばれ、優秀な成績を残した。
2012年よりバンド「Gilet(ジレ)」のヴォーカルとして本格的にアーティスト活動を開始。作詞作曲も自身で担当し、これまでの音楽経験を活かした様々なジャンルの要素を取り入れた楽曲で人気を博す。
「赤い憂鬱」で全国デビューを果たしたが、2017年2月に解散。以降、ソロシンガーに転向。
2017年7月より活動名を「嘴音 杏(シオン アン)」に変更し、新たな道を歩み始めた。
パワフルな歌唱力と表現力を活かし、コーラスや、スタジオミュージシャンとしても活動しており、これまでに、鈴木雅之、THE BAWDIES、町あかりなど、様々なアーティストの作品に参加。その他舞台や朗読劇、ラジオに出演するなど、活動は多岐に渡る。



schedule

Apr

2018


↑ページトップへ