13

(金)

江本翔 × 井高寛朗 “W” Keyboards Project feat. 横田寛之



江本翔


井高寛朗


堀内johnhori正隆


GOLTA


横田寛之


LAST WALTZ Restarting, Prologue to NEW LOFT
江本翔 × 井高寛朗 “W” Keyboards Project feat. 横田寛之

【出演】
江本 翔 (pf, key) 井高 寛朗 (pf, key) 堀内 正隆(b)GOLTA (ds)  Featuring. 横田 寛之 (as)

open 18:30 start 19:30
¥2500

※ご来場順での入場になります。会場は自由席です。
※当日入口にてドリンク代600円を頂いております。

ご予約はこちらまで 〜プロフィール〜
■江本翔
1984年生まれ。千葉県出身。
4歳からエレクトーンをはじめ、11歳の時に財団法人ヤマハ音楽振興会エレクトーン普及部のデモンストレータとして活動。
JPN(ジャンジャカ・パフォーマー・ネットワーク)というユニットを金坂征広と共に結成。
表参道スパイラルホールを皮切りに、東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城など関東各地で公演を重ねる。
青山学院大学入学後、Bill Evansの演奏に感銘を受け、ジャズピアノに転向。
Jazz, Pops, Brazilianなど幅広く活動を広げ、Keisy Costa, 山根幸洋とのSan-ninho(サンニーニョ)ライヴツアーや、ドラマー兼プロデューサーの平井 景、ジャズシンガーのnoonとのライヴツアーにも参加。
また、海外との繋がりも濃く、Mark Taylor、Steve Whippleなどの来日するミュージシャンとの共演も果たす。自身の海外での旅など様々な経験を元にした作曲活動も行っている。

■井高寛朗
滋賀県出身。
音楽が大好きだった祖父母の影響で7歳よりヤマハ音楽教室にてエレクトーンを習い始め、数々のコンクールにて賞を受賞。
20歳よりバンド活動を開始し、ジャズをはじめソウル・ファンク・ポップス・シャンソン・タンゴ・ラテン、、、と様々な音楽に触れる。24歳の時にエレクトーンからピアニスト・オルガニストに完全に転向し10年間関西で音楽活動をした後、2016年より上京。
2017年からリリースされているCD「日常のジャズ」シリーズでは演奏のみならずアレンジも担当。
エレクトーン時代に培った幅広い音楽性で縦横無尽に活動中。

■堀内johnhori正隆
1983年生まれ。奈良県出身。
17歳の頃にベースを手にし、20歳の頃からプロとしての活動をスタートさせる。
2009年には、自分に最も影響を与えたBlack Musicを追求する為、渡米。
現地で、ホイットニー・ヒューストン、マライア・キャリー、アリシア・キーズなどのツアーミュージシャンとのジャムセッションを経験し、世界最高峰のグルーヴの洗礼を受ける。
2016年に活動の拠点を関西から関東に移し、
主にPops,Funk,R&Bのシンガーやバンドのステージやレコーディング等、さらに自己のギタートリオインストバンド「WINDJAMMER」においても、精力的に活動中。

・共演アーティスト

加藤ミリヤ、黒沢薫(ゴスペラーズ)、 浅岡雄也(FIELD OF VIEW)、ジャンクフジヤマ、中村千尋、さくらシンデレラ、 夏川りみ、 広沢タダシ、 大西ユカリ、 林田健司、 ウルフルケイスケ 等

■GOLTA
funk soul R&B hiphop reggae 等のclub musicをベースにジャンルを飛び越えたボーダーレスなstyleを追求。drumのstyleとしてのコンセプトは『躍らせる!』渋谷の宇田川町を中心に活動中。
2016年よりシブヤビールと共同で主催するレギュラーイベント「Udagawa Half Time Show」では今までに「鎮座DOPENESS」「Moomin」「Libro」「J-Rexxx」「前川真悟(かりゆし58)」「韻シスト」「DJ JIN」「DJ YAS」「刃頭」「CHOZEN LEE from Fireball」「宇多丸」などジャンルの垣根を超えたゲストと共演。
《所属BAND》
宇田川別館バンド MAHOROBA

■横田寛之
サックス奏者。DJ。ジャズエレクトロバンド、ETHNIC MINORITYのメンバー。 また、横田寛之カルテット「ゴウダヴ」を率いる。
これまでに4枚のアルバムをリリース(表参道ワンピース、Introducing ETHNIC MINORITY、Startin’、イレブン・ストーリーズ)
その他、サポートとしてのレコーディング、LIVEなど多数 (水曜日のカンパネラ、KinKi Kids、分島花音、7!!、私立恵比寿中学、etc)。
また、TEDx Tokyo Teachersではスピーカーとして登壇した。



schedule

Apr

2018


↑ページトップへ