13

(水)

深谷満彦guitar on stage with 山野友佳子piano


かつてR&BやR&Rバンドのギタリストとして活動してきましたが、
今回、本格的なJazzのアンサンブルに挑戦します。
自分の根幹にあるブルース・フィーリングを大切にしながら、
ジャズやラテンなどのスタンダードに限らず、
クラシックやエスニック音楽の要素も取り入れた新しい
日本人ならではのContemporary Jazzの形を渋谷から発信する、
その端緒となれたら、と考えています。
ぜひ、興味のある方はどうぞ。お待ちしております。by 深谷満彦

【出演】深谷満彦(g)山野友佳子(p)

開場 18:30 開演 19:30
予約 ¥2,000 当日¥2,500(税込み、ドリンク別)
※ご来場順での入場になります。会場は自由席です。

ご予約はこちらまで
〜プロフィール〜

■guitar 深谷満彦
東京生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒業。
在学中はサークル「ブリティッシュ・ビート研究会」に所属し、
R&Bバンドを結成、都内ライブハウスで活動をする。
卒業後、ソフトウエアの会社に就職、同時に、Jazz Funk バンド
Cool Spoon のメンバーとして、1993年にFILE RECORDS よりアルバム「ASSEMBLER」をリリース。
90年代黎明期のクラブ・ジャズ・シーンにおいて活躍。
また、一連のいわゆる渋谷系ムーブメントにも深く関わる。
その後家庭の事情により、一時シーンから遠ざかり、現在は福祉の仕事をしながら、マイ・ペースで音楽活動を続けている。
渋谷「はすとばら」にてresident・DJ。他、渋谷spumaなどでライブ、
オリジナルのCD作成など。
文章を書く仕事にも従事しており、過去に「ロッキング・オン」「ポパイ」誌などに発表。
現在、高校の大先輩である向田邦子研究会に所属。
同研究会の会報にも、文章を発表している。

■piano 山野友佳子
1988年3月11日生まれ。
3歳からヤマハ音楽教室でピアノを習い始める。
東京音楽大学付属高等学校〜同大学へ進学し本格的に音楽を学び始める。
18歳からジャズを習い、演奏活動を開始。その後、自身のオリジナル楽曲の演奏活動も開始。
ジャズピアノを清水絵理子氏に、クラシックを小高明子氏、稲田潤子氏に師事。
また、学内にてペーテル・ヤブロンスキー氏の公開レッスンを受講。
2015年6月にオリジナル曲を収録した2ndアルバム、『2nd Stage』納 浩一(b)藤井 学(ds)をリリース。
2015年9月〜2016年4月『読売プレミアム』よりコラム連載中。
現在多くのライブハウスやフェスティバルに出演、
台湾・香港・フランス・スペイン・イギリス・アメリカでの海外公演や海外のアーティストと共演するなど、
幅広い地域とジャンルで活動を展開している。
その他、KORG Cafe Style認定講師、リー・エバンス協会研究員。

 



schedule

Sep

2017


↑ページトップへ