26

(日)

[昼] IndieTokyoホームパーティ
ハンナについて、語っていく! 『ハンナだけど、生きていく!』(IndieTokyo第1回配給作品)公開記念

indietokyo

記念すべきIndieTokyo第1回配給作品『ハンナだけど、生きていく』(グレタ・ガーウィグ主演、ジョー・スワンバーグ監督)の公開を記念し、ゲストにコラムニスト山崎まどかさんと映画評論家樋口泰人さんを迎えたトークイベントを行います!

【出演】山崎まどか、樋口泰人、大寺眞輔、Indie Tokyoメンバー 他

開場 11:30 開演 12:00
全席自由 ご予約&当日共 ¥1,800(税込み ドリンク別) *予約特典あり

メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号
を送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

Indie Tokyo HP : http://indietokyo.com/?page_id=1050

〜プロフィール〜


山崎まどか
文筆家・コラ ムニスト。本や映画、ファッションといったカルチャー全般に精通し、乙女カルチャーのセレクト&紹介者として圧倒的信頼と人気を誇る。著書に 『乙女日和』『イノセント・ガールズ』(ともにアスペクト)、『女子とニューヨーク』(メディア総合研究所)、『オリーブ少女ライフ』(河出書房新社)な ど。長谷川町蔵氏との共著『ヤングアダルトU.S.A.』(DUブックス)が8月7日発売予定。現在、B.J.ノヴァクの短編集とレナ・ダナムのエッセイ 集を翻訳中。

樋口泰人
映画・音楽評論 家。雑誌『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』編集委員を務めた。98年にboid設立。ビデオ、単行本、CDなどを製作・販売する。04年より吉祥寺バウ スシアターにて爆音上映シリーズを開催。08年には爆音映画祭をスタートさせた。著書に『映画とロックンロールにおいてアメリカと合衆国はいかに闘った か』(青土社)『映画は爆音でささやく 99-09』(boid)などがある。様々な書き手が参加し月4回更新されるboidマガジンを刊行中。(http://boid-mag.publishers.fm/



schedule

Jul

2015


↑ページトップへ