02

(金)

a qui avec Gabriel + 町田良夫
Bennett and Karimata
新井陽子 + 田中悠美子

matidayoshioaquiavecgabriel SammBennettkarimatamichio

【出演】a qui avec Gabriel + 町田良夫、Bennett and Karimata、
新井陽子 + 田中悠美子

開場18:30 開演19:30
全席自由 ご予約¥2,000 当日¥2,500 (税込み ドリンク別)

メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号
を送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

〜プロフィール〜

町田良夫
音楽家、スティールパン奏者/美術家。バンドとしてmiimo、オハナミで活動。Jazz~実験音楽までスティールパン、ガムラン、エレクトロニクス等を演奏。個性的なソロ作「Naada」は細野晴臣から「スチールパンの新しい旅」と賞賛される。ISEA2004、Sonar Tokyo、MaerzMusik等国内外の音楽祭に参加。仏TVCM曲提供やVan Cleef & Arpels展覧会音楽も手がける。音楽レーベル、アモルフォンを主宰。2014年春、仏Baskaruよりアナログ・モジュラー・シンセのアルバムをリリース。
http://www.yoshiomachida.com

à qui avec Gabriel
アキアベックガブリエル/アコーディオンパンク
ミュージシャン<アキ>とアコーディオン<ガブリエル>によるソロユニット。2001年、ジョンゾーンのTZADIKより灰野敬二をゲストに迎えデビューアルバム『UTSUHO』をリリース。2007年頃から様々なミュージシャンやダンサー等との演奏を始める。2010年、Acid Mothers Templeの総帥 河端一とのデュオをスタート。2012年より日本の歌を中心にピアノの弾き語りを開始する。
http://www.h3.dion.ne.jp/~aqui/

Samm Bennett (perc / voc / etc):
songs and improvisations. performed on drums and percussion of many kinds, stick dulcimer, diddley bow, mouth bow, jaw harps, sanza/likembe, electronics, toys, gadgets and junk.
http://www.polarityrecords.com/samm-bennett-biography.html

狩俣道夫(フルート、ソプラノサックス、ヴォイス):
沖縄県出身。アメリカで作曲と音楽理論を勉強する。現在、フリーフォームの即興演奏を中心に「愚弁」、「騾馬三世」等のユニット、灰野敬二とのデュオシリーズ等で活動。
http://www008.upp.so-net.ne.jp/karimata/



schedule

May

2014


↑ページトップへ