13

(日)

[昼] 麻生八咫が贈る、魅惑!活弁の世界

katsuben

【出演】麻生八咫(活弁)、柳本小百合(ピアノ)
【演目】チャップリンの「冒険」「血煙荒神山(大河内傳次郎主演)」
ほか(全3編)

開場 12:30 開演 13:30(終演15:00予定)
全席自由 ご予約¥2,500 当日¥3,000 (税込み ドリンク別)

メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号
を送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

〜プロフィール〜

麻生八咫(活弁):
1952年生まれ。
獨協大学卒業後、一人芝居「日傘と剃刀」を全国400回公演。徳川夢声とともに活躍した最後の弁士・池俊行氏の活弁「坂本龍馬」との出会いにより活弁士となる。
1995年 伊・パルマ市にて文化庁主催「ジャパン映画フェスティバル」で活弁公演。
1998年 活弁界初の文部大臣賞受賞。
2004年 埼玉坂本龍馬会会長就任。
2005年 浅草で声のワークショップと活弁教室始まる。世界一周の船上公演でも活躍。活弁公演、活弁教室を全国展開中。
著作『映画ライブ それが人生』麻生八咫・子八咫共著(高木書房)
・・・・・・老いたる者には過ぎにし青春の郷愁を、また若人には遠く遠くゆき過ぎて帰り来ぬ幻の夢を!無声映画には、名作と呼ばれる作品が数多く残っております。活弁士によって、映像がより親しみをもって迫り、心から楽しめるものとなることでしょう。名作は時代を超えて変わらぬ感動、新たな感動を呼びおこしてくれます。私、麻生八咫は、活弁を21世紀に甦る新しい舞台芸とし、無声映画の名作を掘り起こし、多くの方に楽しんでもらいたいと考えています。何卒よろしくお願い申し上げます。

柳本小百合(ピアノ):
現代音楽やダンスパフォーマンスを経て、2010年よりライブ活動を開始。
ピアノと全身で戯れ遊び歌い叫び喋り踊る、そんな弾き語り。
ダンサーとのセッションや舞台出演なども多数行っている。
CD「極上ピクニック」発売中。



schedule

Apr

2014


↑ページトップへ