15

(月)

colors vol.2



【出演】Yuki Ikawa、ともちゃん9さい、後藤理絵 + Regina/sc.〈砂猫女王〉

開場18:30 開演19:30
全席自由 ご予約¥2,000 当日¥2,500(税込み ドリンク別)

メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号
を送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

〜プロフィール〜

Yuki Ikawa:
6歳の頃からピアノを習い始め、7歳の頃には何も分からないながらも楽譜に曲を書き始めていた。当時はクラシック音楽を弾いており、PTCピアノコンクールで予選・本選で金賞を受賞し、演奏会にも2度出場する。その後高校2年まで習い続ける。
小学5年の頃、歌を歌うことに目覚め、アーティストを夢見る。当時から数十曲歌詞を書きためたりして、毎日がライブのように何時間も歌い続けた。中学2年の頃には初めて日本の音楽番組「CDTV」の「CDTVオーディション2002」に自作曲を応募し、当時最年少でファイナリストに選ばれる。
その頃から、多くの英語圏のアーティストは世界的に活躍しているのに、なぜ日本のアーティストはそうではないのかということに疑問を持ち始める。と同時に英語で歌うことが世界的アーティストであればそれは違うと考える。さらに歌詞を書くことの意味を考え始めたため、言葉に興味を持ち始め、現在も英語・ドイツ語・フランス語・ロシア語・韓国語・中国語・タイ語・アラビア語などを勉強している。それは、多様性を受け入れたいという思い、自由で1人1人が輝ける世界でありたいという思いを体現したいことにあった。言葉の持つ文字の魅力や音の魅力、それぞれの魅力を理解し生かしていきながら歌うというアーティスト性を基礎に据えて、様々な地域の様々な言語を勉強している。
2008年からはアメリカのサイトOurstageで活動し始める。リスナーの投票で順位が決まるサイトで、数回10位以内を獲得。Germany部門では1位を獲得した。アメリカの国際的ソングライティングコンテストSong of the Year(審査員はグラミー賞受賞者、ローリングストーン誌、米レコード会社など)に応募し、現在までに、ファイナリスト、上位入賞者に3回、選外佳作に選ばれ、推薦アーティストとしてアーティスト性を選ばれる。2011年には2010年度のTop Songwriterの1人に選ばれる。
2009年からは渋谷7th floorでの初ライブを皮切りに、ライブ活動を開始し、下北沢や池袋で定期的にライブ活動を行う。2010年3月にはドイツ・ベルリンのヒルトンホテルで初の海外ライブを行った。
表現の無限の可能性を追求していく…

ともちゃん9さい:
詩人。1975年8月29日生まれ。北海道出身。札幌の劇団「and」(後に「AND」)で専属女優の後、28歳で上京、「SSWS」や「はみだしっ子たちの朗読会」で朗読パフォーマンスをはじめる。詩を音楽にのせてリズミカルに読むのがとくい。えろいことに興味があるので「ビーバップ・みのる(AV監督)とわたし」という詩を書いたらすこぶる評判がよかった。詩人たちによる不可思議/wonderboy tribute album「覚えたての呪文」に参加、2012年9月発売予定。ぬくみりゑちゃんとのコンビ「腐乱ちゃんと恨乱ちゃん」、インチキケルトバンド「ソフトさん」の飛び道具としても活動中。
ブログ「ともちゃん9さい」http://tomochan9sai.doorblog.jp/
サポート:span(アコギ)/ミュージシャン。markiticとしてボカロ作品を公開している。近日新作公開予定。
「トビウオの恋」http://www.nicovideo.jp/watch/sm17919285

後藤理絵 + Regina/sc.〈砂猫女王〉:
演劇・映画俳優、作詞・ボーカルなどの経験を持つ詩人・後藤理絵。言葉・声・音を融合したリーディングパフォーマンスをする。一方、2012年8月よりオルターエゴ「Regina/sc.=砂猫女王」として、ZIGOKU-RECORD主宰マサキオンザマイクの新作Beatsに合わせた詩を展開。ヒップホップ方面でも評価を得ている。



schedule

Oct

2012


↑ページトップへ