27

(木)

ダツコウチク・ジャポン vol.3



【出演】横川理彦、メテオール、Omodaka

開場18:30 開演19:30 全席自由
ご予約¥2,500 当日¥2,800(税込み ドリンク別)

メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号
を送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

~プロフィール~

横川理彦(YOKOGAWA TADAHIKO):
作詞・作曲・編曲 1957年1月29日 鳥取生まれ
80年に京都大学文学部哲学科を卒業後、本格的な演奏活動に入る。82年にアルバム「99.99」(フォー・ナイン)でキングレコードからデビュー、その後4-D、P-Model、After Dinner、Metrofarce、Meatopia等に参加。電子楽器と各種生楽器を併用する独自 のスタイルに至る。海外でのコンサート・プロジェクトも多数。現在は、ストリングス・トリオBios主宰、pickレーベルからのソロアルバム制作、即興を中心としたライブ活動などの他、演劇・ダンスのための音楽制作など多方面 で活動中。また、コンピュータと音楽に関する執筆、ワークショップなども多い。
http://www.manuera.com/?menu=artists&name

メテオール:
1996年結成。CGアニメと音楽を融合させたパフォーマンスと民謡をベースにした歌唱、血湧き肉踊るダブルギターで今ここにある『日本』の音楽を作りだす。また既存の日本民謡にSF的な歌詞をのせて、新しい日本民謡を創作。
ライブハウス、民謡イベントなどに出演中。メンバー/カズウ(唄・三味線・コンピュータ)、ヒロック(ギター・コーラス)、ミタマ2(ギター・コーラス)
http://www.ganagona.com/

Omodaka:
Omodaka は「テクノ民謡とモーショングラフィックスの融合実験企画」として始動。液晶ディスプレイに映し出された仮想シンガーと共に、携帯ゲーム機、タッチパネル式シンセサイザー等のデバイスを使い、巫女装束でくりひろげるパフォーマンスが特徴です。
http://fareastrecording.com/



schedule

Sep

2012


↑ページトップへ